春の嵐で小1ママのミナベ混乱しております。

 

 

我が家の小1の息子ですが、今週から学校給食がスタートしました。

通っている小学校では給食に慣らし期間を設けていて、最初のうちはパンと牛乳のみが提供されます。続いてパンorごはんとおかずと牛乳が提供され、次にようやく汁ものがついて通常給食となります。
学童に行く子は、この慣らし期間の献立では学童で過ごしている途中でお腹が空いてしまいます。そこでこの間は学童に補食を持参して空腹をしのぎます。
補食はおにぎりやサンドウィッチなど、いわゆる軽食と呼ばれるようなものを持っていきます。フルーツでもいいみたいです。よく外国の子どもが休憩中にリンゴをかじっていますからあんな感じ?平成は違いますね。

息子は今日、学童に行く日なので補食を持たせる必要がありました。
ただ、昨夜から今朝にかけての暴風雨で補食以前の問題が浮上したのです。
そう、暴風雨警報発令で小学校休校しちゃうんじゃないか問題です。
休校になると学童が8時から受け入れを開始してくれるので、働く親にとっては大助かりなのですが、そうなると急きょお弁当を作らなくちゃいけない。これはちょっとイレギュラーな事態です。おかずどうしよう、寝坊したらどうしようが頭をよぎります。
それと、暴風雨のタイミングも重要になってきます。
明らかに一日中天気が荒れるというなら警報発令ありきで舵を切れますが、天気予報をみると昼前には雨マークが消えていたので、休校になるかならないか見極めが難しかった。そのため起床後はずっと天気予報とにらめっこです。
そうこうしているうちに「補食」のほの字もすっかり忘れ、学校出発間際にふと思い出すという始末!(爆)
大慌てでアツアツごはんで塩おにぎりを握り、のりたまと一緒にランドセルに突っ込みました。危うく息子にひもじい思いをさせるところでした。焦りました。

ここまで書いてなんですが、暴風雨を言い訳にしてはいけませんね。
私も早く新しい環境に慣れて行きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!